© slavun – Fotolia.com

© interiorphoto – Fotolia.com

© slavun - Fotolia.com

価値の高い家具表面材

極めて高い光沢レベル(<90GU)か、スーパーマット(>5GU)仕上げの家具部材がトレンドになっています。

近年では世界的なボードメーカー及び家具メーカーの巨大企業がメラミンボードやパーティクルボードの最終仕上げにホットコーティング技術を採用しています。

幅1,220~2,400mmが使用されており、その優れた特徴として耐衝撃性・スクラッチ製や手触り感、深みのある効果、高精度な色合いが挙げられます。

従来工法の塗装パネルと比較して、穴加工、面取り加工、鋸切断時の加工性は特に違いがあります。

あざやかな最終表面

優れた表面は家具に特別な印象を与える

外観は極めて重要であり、二次加工工程中での特性と使い勝手もまた重要です。

ホットコーティングを使用した仕上げの主なメリットのひとつに表面の柔軟性があります。

これは湾曲した家具部材と小さな曲げ半径を伴うエッジ形状とのダイレクトポストフォームを応力白化することなく可能にします。

デジタルプリントとの組み合わせで天板からエッジまでのシームレスな仕上げの新しい可能性をご提供します。

壁パネル

新しい品質の壁パネル

個別にデザインされ、デジタル印刷され、水、蒸気、優れた耐性と最高の耐汚染性を備えた高光沢または超マットウォールに仕上げられたパネル。 ホットコーティーティングはガラスや鉱物材料に代わる経済的な代替品です。